あとりえ ぺるル

手仕事の喜びをご一緒に…

届いた

今週のお題「最近あった良いこと」

The Dot

The Dot
著者:Peter H. Reynolds
価格:1,764円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

この絵本が今日届いたこと。

私の大好きな絵本です。

幼稚園の読み聞かせの会で、

ママ友から紹介されました。

 

===前書き 訳 by Midori===

「なにかしるしをつけてみて。

それがどうなるかみてみましょう。」

図画の授業で先生にすすめられますが、

ワシテは描けませんでした。

だって芸術家ではないんですもの!!!

ワシテは怒りにまかせて真っ白な紙に

小さな目立たない<てん>を突き刺します。

 

この小さな<てん>がワシテの

驚きに満ちた自分探しの旅への始まりでした。

 

私たち全ての中にある創造的な感情を

作者ピーター・レイノルズが映し出してくれます。

===訳 終了===

 

子供が幼稚園児だったころは、

その創造的な力に私たち大人が修正を加えないよう

この絵本に考えさせられました。

その後、自分自身の在り方にも影響を与えていることに気づき、

2月11日から始まる茨城県立図書館ギャラリーでの

展示会にもこの絵本と訳文を陳列しようと思います。

 

何かを作りたい!!!

最初の一歩は小さな<てん>。

それを作ったことに達成感を感じ、

自分の名前を掲げることの大切さ。

それが、次の段階へと自分を導いてくれる時の高揚感。

 

ものを作る歓びを一人でも多くの方と

分かち合えるような展示会にしたいと思います。

 

 

あ、日本語の本もあります。↓

てん

てん
著者:ピーター・H.レイノルズ
価格:1,365円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

一番気になる訳が

「なにかしるしをつけてみて。

そしてどうなるかみてみるの。」

原文では

"Just make a mark and

see where it takes you." なんですね~。

確かに意訳すると翻訳の通りなんですが、

"where it take you" の部分がニュアンスとして難しい…。

そのしるしが"あなた"をどこかに連れて行く、

つまり、 "あなた"を変えていくという含蓄があるんです。

う、理屈臭くてスマン!!!m(__)m