あとりえ ぺるル

手仕事の喜びをご一緒に…

ぴったりサイズ

チェコ ボタンカット シャム

今日のめぐみやでのレッスンでのこと…。

次はペヨーテチューブで立ち上がりを理解していただく予定だったHさん。

お貸ししていた「基礎の基礎 ペヨーテステッチ」の中から

予定していたネックレスではなく、ビーズボールのネックレスに

お題を変更なさった。

 

かわいくて現代的なデザインのビーズボール。

小さいビーズから大きなビーズへと使用するサイズを変化させることで

球体を作るというもの。

問題はそのレシピの中のボタンカットの形状だ。

球の中央、最も膨らむ部分をチェコの俵型で、

その前後を幅広のボタンカットでサイズを調整するデザイン。

ところが、ボタンカットのビーズがめぐみやに在庫が無かった。

いやいや、サイズを考えると、どこでレッスンしようと

事前にネットで取り寄せない限り、入手は困難。

 

そこでHさんは考えた。

ボタンカットの代わりに竹ビーズを二段続けて編むことで

このサイズの調整ができないものかと…。

実際に作ってみたHさん、四苦八苦してやはり難しいという結論に…。

 

増やし目も減らし目も無しで、立体的なパーツを作るには

やはりさまざまな形状とサイズが必要なんだ~、と

Hさんは感心しきり。

認定を取る予定ではないけれど、

とても研究熱心で好奇心に溢れているHさん。

がんばれ~~~ヽ(^o^)丿